【東京葬儀】「ちょうどいい家族葬」専門店

家族葬について②:家族葬を選ぶ

「家族葬」はどれくらい選ばれているのでしょうか。
実際のところはわかりにくいものです。

地方ごとの葬儀の選択の傾向、選ばれる割合と、家族葬を選ぶ理由についてご紹介します。

スタイルやこだわりについての考え方もご紹介します。

家族葬はどのくらい選ばれているか

現況では、年間の葬儀件数の中で最も多いのは「一般葬」で、42%を占めます。
その次が参列人数が30人以下の「家族葬」で32%を占めます。

ついで、通夜と告別式を行わない(火葬場でのお別れの時間などは設けます)「直葬」が16%あります。

一日で初七日まで(仏教の場合)の儀式を行う「一日葬」が9%、その他の「社葬」が1%あります。(2014年、鎌倉新書調べ 葬祭業者へのアンケート)

地域的には、小規模な葬儀を選ぶ割合が多いのは大都市圏で、特に関東地方では多く見られます。
ついで近畿地方が多いのは、大阪など大都会を抱えている影響でしょう。

地域別の、一般葬、一日葬、火葬式との割合に関しては、各地の事情により、だいぶちがうようです。

伝統的慣習が残っている地域では、一般葬をえらぶ場合が多いです。

東北地方では、家族葬、直葬、一日葬の割合は低く、全葬儀の7割強を一般葬がしめています。

他の地方を上げますと、中国・四国地方では6割が一般葬、家族葬は2割です。
ついで九州地方が一般葬が6割、家族葬が3割です。

このあたりは伝統重視型の分布といえましょう。

一般葬が半分以下になる地域は北海道、関東地方、中部地方、近畿地方です。
北海道と関東地方では、一般葬と家族葬の割合はほぼ同じくらいになっています。

これらの地域では、「家族葬」への抵抗が薄く、行う場合にも受け入れられやすいと考えられます。

中部地方、近畿地方は両者の中間と考えられます。

大都市を擁する地方では、家族葬についで、直葬や一日葬の割合も多くなっていて、都市圏の状況を反映しています。

地方に本来の本拠地がある方も多いことや、ライフスタイルによるものでしょう。

家族葬の増加と社会事情

葬儀を出す喪家の事情はさまざまですが、全体的に見ると、小規模な葬儀を望む方は増加しています。

経済産業省によると、葬儀の規模は「家族や親しい人たちと実施する」のがよいと考える方の割合は7割以上にのぼっています。(「安心と信頼のあるライフエンディング・ステージの創出に向けた調査」より)

人口の減少が進み、高齢化も進む現状を考えると、会葬者を多く見積もった旧来の方法よりも、小規模な葬儀を選ぶのは妥当なことでしょう。

また、時代の変化により、なくなった方を送ることの意味は変わってきています。

かつては、葬儀は村落など共同体のつながりの中で行われるものでした。

ですが、土葬から火葬に変わり、住宅状況も家族のライフスタイルも変化する中で、かならずしも周囲との社会的つながりを持たなくてもよくなりました。

なくなった方を送る場合も、よりパーソナルな意味合いを終始する方向になりました。
それにつれ、親族や身内が十分なお別れがしやすい形としての「家族葬」が提案され、注目されるようになったのです。

家族葬を選ぶ理由

「家族葬」を選ぶもっとも多い理由は、先にあげた現代的事情と密接に関連しています。

対外的なことにとらわれることなく、故人とのお別れの時間をパーソナルな形で大切にしたいと考える方が多くなりました。

会葬者が多く来ることを想定した葬儀では、対外的なことに関する決め事や、しなければならないことも多いです。

よって、喪主やご遺族はその打ち合わせや準備、対応に多くの時間を取られ、忙しいものです。

故人の社会的つながりにも寄りますが、かならず従来の方法をとらなくてもよいという考え方がひろまり、事実、小規模でも問題がない場合も増えています。

時間の使い方の面でも、一般葬では会葬者の対応にあてていた時間を、故人と向き合い、最期のお別れをする時間にあてられるメリットは大きいです。

「家族葬」では、身内だけの葬儀ですから、一般的な慣例にとらわれずに、より故人らしい、そのご家族らしい方法で送りたいという時に、より自由にプランを組みやすいです。

そのため、ご遺族にとって満足度が高い葬儀にしやすく、そのために「家族葬」を選ぶ方が多くいらっしゃいます。

「家族葬」であれば、可能な限り長く故人のそばにいるようにプランをくむこともできます。

喪主が遺族が高齢者ばかりと言う場合も増えてきました。

長時間にわたる参列者の対応や、多くの決め事、連絡は、高齢の方には負担が大きいものです。

「家族葬」は会葬者の人数が限られますので、そのぶん負担が少ないです。
体がきつくて負担の多いことは無理だから、という理由は多いです。

高齢の方ですと、職場を離れて久しいことも多いでしょう。

お声をかければ人数が集まる場合も、義理でいらしてもと考え、身内だけの葬儀を選ぶご家族もいらっしゃいます。

「一般葬」で予想外の出費になりがちで、金額も多くなりがちなものに、精進落としなど会食の飲食費があります。

ある程度は人数の予測もできますが増減が激しいのが、お通夜の仕出しの量や返礼品の量です。

これらは、葬儀代金とは別に実費がかかります。
経済的に厳しい状況での葬儀では、その流動する負担が実際的にも、気持ちの面でも遺族の負担になる場合があります。

「家族葬」では、人数の流動が少ないですので、予算からはみ出る心配なく葬儀を行えます。
「家族葬であればかならず安いわけではない」ことは注意すべきです。

安さだけを求めて家族葬にするのはお勧めできませんが、少ない予算であればプランを工夫すればよいのです。

必要なものを必要なだけ、というプランにしやすいのも、家族葬の特徴でありメリットです。

ご家族がいない方や、ごく少ない場合に「家族葬」を選択されるのはよくあるケースです。

ご家族がいない場合、生前に葬儀の計画をご自分で立てて、死後についてもできる支度をしたうえで、ご友人に託される方もいらっしゃいます。

手順をきちんとふみ、問題がなければ葬儀社で「生前予約」の引き受けが可能です。

こだわりを生かせる家族葬

ニュースなどでは、流行のスタイルとして、「家族葬」とともに「自由葬」で行ったプランが紹介されることが多いです。

ですが、「家族葬」は、正確にはスタイルではなく「規模」で分類したものです。

「家族葬」は、決まったスタイルはないので様式はさまざまで、要望に応じて宗教様式を取り入れることができます。

現在行われている葬儀全般で見ますと、仏教形式が7割と最も多いです。
それについでキリスト教、無宗教、その他、と並びます。

プランが組みやすいこともあり、「家族葬」ではいくらか「自由葬」が増加します。

仏教様式が多くを占める理由のひとつとしては「菩提寺」問題があります。

菩提寺がある場合、その宗派の方法で葬儀をあげていない場合、寺院に墓地を持っていても入れてもらえない場合があります。

「家族葬」を希望する場合も、先に菩提寺に連絡をして、僧侶はそこから来て頂き、読経などはその寺院にお願いすることでトラブルを避けられます。

キリスト教、神道の場合も、「家族葬」をおこないたい場合は、お世話になっている教会や神社に相談しましょう。
故人の宗教的な意向やこだわりを大切にしながら、儀式のプランを考えればトラブルが防げます。

宗教様式の「家族葬」では、通夜、告別式は行うことが多いです。
小規模にしたいけれど、直葬はしのびないと言う場合にも向いています。

会葬者にかかわる部分を省いて家族や近親者のために時間を取り、そのほかの部分で十分な宗教儀式を組み込めますので、必要に応じて考えましょう。

無宗教方式の家族葬の場合は、故人の生前のこだわりを反映したものを希望される方が多いです。

祭壇も宗教色を排除して、お花で工夫した祭壇を提案する葬儀社が多いです。

無宗教であれば、菊や白い色にこだわらなくても、故人の好きだった花や、好きだった色で、祭壇を作る方も多くいらっしゃいます。

趣味の品や作品があれば、展示スペースを作るなどの工夫が考えられます。

無宗教式では、通夜や告別式をしなければならない決まりはありませんので、式次第はさまざまです。

葬儀社によって得意なプランが違い、おすすめするポイントも違いますので、いくつか見積もりを取るといいでしょう。
無宗教式が得意な葬儀社を選びましょう。

提案される斎場も、家族葬を考慮に入れたより適した会場が増えています。
小規模な葬儀に向いた会場ならより快適です。

無宗教式の家族葬では「なににこだわるか」をはっきりさせることが、よい葬儀につながります。

ご遺族がなにを大切に思われるかを、家族全員で相談されると、スタイルがはっきりして後悔のないお別れになるでしょう。

考えてゆくうちに「こだわり」がいくつも出てきて迷うこともあるでしょう。

もっとも大切にしたいところから、優先順位をつけておくと、プランを決めるのがスムーズになります。

「家族葬」はこだわりを生かす葬儀として検討する価値は大きい選択肢です。

この記事を書いた人

木南 健(きなみ たけし)

後悔を残さない最期を

数年前に父が急死した際、今の仕事に就いていればどれだけ母や兄妹の支えになれたのだろうと考えることがあります。
過去は変えることはできません。

あの日、抱いた悲しみや不安の根底にあったものは父をしっかり送ってあげたいという想いです。

同じように、大切な人との別れによる「悲しみ」「不安」を抱く方々の支えとなり、その根底にある「大切な想い」を形にするお手伝いができればと思っています。

心に残ったこと

まだ駆け出しの新人だったころ、お葬式が終わった後、喪主様に笑顔で力強く握手をされたことです。

期待にお応えできたんだと言葉以上に感じることができ、とても嬉しかったです。

出身:岡山県岡山市

趣味:弓道、読書

好きな映画:「サトラレ」

好きな音楽:BEGIN